モーツァルト

今日はWolfgang Amadeus Mozartの誕生日だそうで。生誕250年であることも相まって各所で盛り上がっているようです。
正直なところ、大好きとまでは行かない作曲家なのですが(どちらかというと苦手)、好きな曲はいくつもあります。
確かに子供の頃から親しんできた作曲家には違いないのですが、あの才能迸る曲の数々が持つ空虚といいたい程の煌びやかさや救われようのない無限の悲しみに、時として居心地の悪さを感じてしまいます。よく言われているように心が落ち着くとか癒されるとかいう事は少なくとも私にはありません。
ちまたでは大全集なども発売されていて、モーツァルトフリークにはたまらない一年になるのかも知れません。
ただ、入門編という意味なのでしょうが、ベスト盤とかいうこま切れで曲を集めた類のCDがたくさん発売されているのは(モーツァルトに限りませんが)私にはわけがわかりません。
折角なのだからきちんと曲が収録されているのを買って、たまには聴き通すということをして欲しいと思います。


なんて堅い事を書いてしまいましたが、普段は気軽に聞いても全然構わない音楽ですから少しでも知らない曲を聴いてみて下さい。新しい何かを発見できるかも、です。