竜王戦その他

まずは竜王戦第3局。解説を某局で見ましたが凄い粘りで竜王が1勝しましたね。
佐藤棋聖がこのまま押し切るかと思いきや渡辺竜王が底力を発揮して意地をみせたという処でしょうか。これで俄然面白くなってきた今期の竜王戦。宣言通り竜王が下馬評をひっくり返せるか、要注目です。


それから、こっちの方が大きなニュースでしょうがこんなの。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061125-OHT1T00096.htm
ちらほら噂は聞こえてきていたものの、ここまでちゃんと記事になっているとさすがにびっくりします。まだ公式発表が無いようですが、今年のビッグニュースの一つであるのは間違いないでしょう。
この記事だけを読むと将棋界に詳しく無い人にとっては、そんな差別社会だったのかと思うかもなのですが、それは少し違います。
簡単に説明すると、プロになるシステムが女流の方が男性に比べてかなり緩い条件なので待遇面に差がある、ということです。
誤解されないように付け加えると、これは女性を締め出しているのではなく、男性と同じ条件でプロになった女性がまだいないというだけの事なのです。(早い話、女流プロは男性プロより殆どの場合棋力が低い)
仕方がない部分があるとはいえ、普及面では実績があるし、一部の女流プロは一発勝負でなら男性にひけをとらない指し回しを見せることもあるので、何かと不満もあったのかも知れません。
決まってしまった以上、将棋連盟側も敵対せずに上手く共存の道を探って欲しいと思います。
どちらにとっても厳しい道が続くでしょうが、一ファンとして双方の繁栄を願ってやみません。